読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

男の前では態度が変わる娘 2歳2ヶ月

子供を育てること

イヤイヤ期真っ最中の娘。
朝から夜まで、何がそんなに気に入らないのか
「やなのーーーー!やなのーーーー!!」
と連呼し、涙を流しながら床を転げ回っている。
相手をすると更に過熱して
「や"だーーーーーー!ギャーーーー!」
となるので基本放置。夕食の準備中などはキッチンの足元で転げ回っているので邪魔で仕方ないが、娘に危なくないように気をつけつつ、娘を踏まないように気をつけつつ料理している。

娘は男女問わず誰にでもニコニコして接するのだけれど、身近な男性には特に甘々だ。身近な男性とは、私から見て夫と父と弟。彼女から見たお父さんとおじいちゃんとおじちゃん。3人のことが大好きで、誰もいない時には
「とーたん いないねぇ」
などと呟いていたりする。
「お母さんいるよ」
と声をかけるが、
「おかぁしゃん いらな〜い」
とか言われて凹む。

私の前では冷たい娘だが、大好きな男性陣の前ではニコニコでギュッと抱きついて
「とーたん♡」
とかやってる。おい。

娘が私を必要とするのは、誰かに抱っこして欲しい時、誰かに遊んで欲しい時だけど、これだけはお母さんじゃなきゃダメ!なのは眠いとき。この時ばかりは他の誰が抱っこしてもダメで、私が抱っこしないと落ち着かないらしい。毎日寝るときになると急にべったりくっついてきて、私にも甘々な顔をしてくる。

そんな娘だが、先日態度を豹変させるところを見た。いつも見てるけれど、今まで見た中で一番の豹変っぷり。

夕食の準備が出来て、娘と2人で食べようと
「ごはんだよ。ごはん食べよ」
と声をかけるが、無印良品人間をダメにするソファ体にフィットするソファでダラダラしながら
「ごはん いらな〜い」
などとのたまっていた娘。
そこに夫帰宅。それに気づくやいなや飛び起きて、
「とーたん!ごはんにするよ〜。ここだよ〜」
と言いながら食卓を指差している。
おいおい、今ウダウダしてたの誰だよ…と呆れる私をよそに、夫にべったりの娘。

娘よ、母は男の前で態度を変える女は嫌いだぞ。

広告を非表示にする