読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

エネルギーバランスと庭の話

子供を育てること 生活のこと

アパートに一人暮らししていたときから、ベランダでミニトマトを育てたり、ハーブを育てたりしていた私。どうも土を触ることや植物に触れることで溜まったストレス解消にもなる様子。
ある時オーラソーマの先生から
「赤のエネルギーを持っているから緑や土に触れることでエネルギーを解放できる」
と聞いて妙に納得。

生き急いでいると言われるくらいだった私は赤のエネルギーをガンガン燃やしていた人らしいのだけれど、余ったエネルギーで周りの人を疲れさせるところもあると言われていた。自分自身も疲れているのに気がつけないと。私が無意識に植物を植えるのは、
「エネルギーバランスを調整してるんだと思うよ」
とのことだった。
ただし管理をきちんとしない、まめさはないので、何を植えても枯れてしまうのがなんとも…。


そんな面倒を見られない女の私だけど、今は借家の一軒家に住んでいて、子供が駆け回れる広い庭もある。最初は荒れ果てていた庭を昨年造園屋さんに頼んで芝生にしてもらい、色々植木を増やしたりして庭作りを始めた。
育児休暇中はベニシアさんの番組を繰り返し見ていて、いつかあんな暮らしをしたいなぁと夢見たりもする。
庭に緑があって、土の茶色もあるというのは私にとってとても落ち着く環境だ。


春になってからは毎日娘を保育園から連れ帰ると、まず庭で草木に水遣りをする。日が長いので18時くらいでもまだ十分外にいられる。
娘は虫を追いかけたり、花を摘んだり、実を拾ったりして飽きることなく遊んでいる。私は植えた植物に水をやり、雑草を少し抜いて、娘がひとしきり遊ぶのを見計らって家に入る日々だ。

庭はちゃんと管理しようとすると手間とお金が結構かかる。お花の苗は高いし、雑草は次々に生えてきて抜いてもきりがなく、害虫対策も必要だ。時間とお金を投資しているなと思う。
それでも、娘が走り回っていて、私も緑と土に触れることが出来てとても豊かだと思う。ただボーッと庭にいると、豊かだなぁという心地になる。

ベランダでもちゃんと気を配れば素敵な箱庭になったと思うけれど私には出来なかった。庭くらい大きいほうが細いこと気にせずに手入れできて楽だと思っているので、細かく手入れしているベニシアさんの庭には到底なりそうにない。ベランダは小さい分目にとまる部分が多くなるので、手をかける必要があったのだろう。

なんとなくエネルギーバランスが崩れていると思う人は、緑と土を身近に置いて面倒をみるといいと思う。




先日庭に新しい庭木を植えた。造園屋さんに混ざって娘はせっせと土を掘り、運んでいた。大人が作業をやめても、1人せっせと働いていた。働き者である。
母は口を出しながら日陰で休んでいただけ…。ははは。

広告を非表示にする