みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

新しい薬 プラケニル SLE

昨日から新しい薬を試している。

試しているというか、新しい薬を使ってみようと主治医から提案され、説得され、使い始めたところ。

 

毎日飲んでいる薬は、「これだけ飲んでいれば基本的に症状の波は抑えられる」というものらしいのだけれど、ずーっと波がある私の様子を見て主治医が新しい薬を提案してくれたのだった。

 

その薬は欧米ではSLE患者の基礎薬として飲む方が基本という位置付けらしい。ただ日本では一昔前に腎臓かどこかの病気の患者に大量投与した結果、失明する患者が続出して使用禁止になったという曰く付きの薬だ。

 

とはいえ、薬ってものには副作用がつきもので、すでに飲んでいる薬も副作用の恐れはもちろんある。過去にもっとたくさん薬を飲んでいたときは、ムーンフェイスという顔がアンパンマンみたいにむくんでしまう副作用が起きたし、薬の副作用を抑えるために更に薬を飲むというイタチごっこもしていた。

 

副作用はあるのだ。大抵は。

 

今回の薬は過去に失明する患者を続出させたが、成分だか配合だかを変えてここ数年で新しく使用されるようになったものだそうだ。過去の事例から学んで使用量を抑えることで副作用を極力減らしたらしい。

その割に、飲み始める前に、飲んでも大丈夫かどうかを眼科で調べなくてはいけない。現時点で目に異常があると飲めないそうだ。

 

先週眼科で色々な検査を受けてきた。

視力、眼圧、色覚、視野、眼底、それと網膜の写真を撮って肉眼では見えない目の中まで調べた。

結果、近視が強いという既知の問題以外は見つからず、薬は服用オッケーとなった。

 

私があまりにも不安がるので、主治医は標準的な量よりも少なく処方してくれた。使ってみて改善しなかったらやめればいいと言ってくれた。

私の意見を無視するような先生ではないから、先生の提案に乗ってみようとやっと思えた金曜日。処方箋が発行された。

 

薬局の薬剤師さんは、薬について

「見え方がおかしいと思ったらすぐに先生に連絡してください。一度おかしくなったものは治らないので……」

と、思いっきり語尾を濁して説明した。なかなか怖いことを言う。

「この薬はまだ新しいので……」

と、また濁す。

これまで何種類も薬を飲んできたけれど、どうも今回の新入りはこれまでとは違うらしい。副作用で頭痛・吐き気・下痢などもあるとのこと。

 

昨日から飲み始め、目の見え方については違和感なし。

ただ胃腸の調子が悪くて昨日は腹痛と気持ち悪さに少し悩まされた。

多分副作用じゃなくて、体調が悪いだけなのだけど。

 

私のもとに来た新入りはプラケニル。

マラリアの薬だったらしい。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201508/543414.html

 

30%に副作用があるんだって。

そうか…と複雑な気持ちになりつつ、とりあえず2週間飲んでみる。



f:id:ayuka_hit:20170619085507j:image

 

 

 

広告を非表示にする