みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

ストレングスファインダーをやってみた

前から名前は知っていたけどやったことはなかったストレングスファインダー。名前の通り、自分の強みを可視化するテストだった。
先日お会いした人から
「ストレングスファインダーやったことある?かなりハッキリ出ると思う」
と勧められたのでやってみた。


ストレングスファインダーには34種類の資質があって、その中から強みとして持っているもの(活かすかどうかは自分次第)を5つ絞り込んでくれる。オプションで34種類の資質全てについて診断することも出来るらしい。
私は34個も覚えられそうにないので、5つの強みを診断してもらうことにした。

ストレングスファインダーを受ける方法はアクセスコードを手に入れてサイトにログインするというもので、サイトでクレジットカード決済すればすぐアクセスコードを入手出来る。しかしアメリカのサイトが日本語対応しているサイトなので、問題文はともかく、結果の文章が直訳っぽくてわかりにくいという評判をいくつかのブログで見かけた。そんなみなさんのオススメは、アクセスコードがついている書籍を購入してテストを受け、結果は書籍の解説を良く読むということだった。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす


それならばと書籍を購入。しかし購入したときちょうど生理中だったので、すぐに手をつけるのは保留。女性の多くは生理とか排卵日とかその前後はホルモンのバランスによって気持ちが沈みがちになる。私は産後それが強まったと感じているから、無闇矢鱈に落ち込み気味なときにこういうテストをやるのは避けた。
それに、ストレングスファインダーは1つのアクセスコードで1回しか受けられない。やり直しがきかないので出来るだけいつも通りな自分で受けようと思った。

書籍を購入して数日後、毎月恒例のどんより沼から抜け出した私はやっとストレングスファインダーのテストを受けた。
テストは問題が多い上に1問20秒以内に答えないと次に行ってしまう。
設問がやっぱり少し日本語として不思議な表現な部分があったり、私はMacBook Air11インチで受けたから文字が小さかったりして、あと問題が多すぎて途中ダレたことから、ぼーっと問題文を見てしまって時間を無駄にする時が度々あった。しまった!20秒!!と焦って読み直し、答えを選択。
しかしよく考えれば20秒は割と長いので、そんなに焦らなくてもよかったし、時間を気にしすぎないほうがよいだろうと感じた。焦って答えた問題が幾つかあるが、たぶん答えは焦らなくても同じだったと思う。


そんな私の結果はこちら。

着想
個別化
運命思考
ポジティブ
戦略性


まだ書籍の解説を読んでおらず、診断結果のスムーズではない日本語解説しか見ていないが、なるほど私だなという印象。
意外なものが出るかと思ったけど出なかった。知っている自分だった。
改めて「あなたってこうだよね」と言われたような気分で、「あ、やっぱりそうですよね」と答えたい。
また書籍の解説を読んでから感想を別記事でまとめるつもり。
自分のことを診断するのは好きなので、ストレングスファインダーの結果も「ほほぅ」と楽しみながら見ている。

広告を非表示にする