読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

子供の記念写真をスタジオで撮るか問題

バレンタインに間に合うようにと思って、ケーキポップスのレシピを2月13日にクックパッドにあげたけど、検索しても出てこない。

なぜ?と思ったら、クックパッドは掲載してから1日経たないと検索対象にならない仕組みになっているそうだ。

間に合ってないじゃん…。


さて、気分を変えて、今悩んでいるこの問題について。

もうすぐ子供が3歳に。記念写真をスタジオで撮る?

Facebookのタイムラインに流れてくる、プロカメラマンが撮影した美しくてかわいい子供の写真たち。やっぱプロは違うよなぁ…と思う気持ちが半分。

更に娘が写真館の広告を見て、

「モモもおひめさまきるの〜」

といって盛り上がっている。フワフワのドレスや、きらびやかな着物に「お姫さま」を見ているらしい。

1年に一度だけなんだから…という気持ちもあるけれど、よし!撮影予約しよう!とはならない私がいる。


悩む理由1 子供の表情が微妙

プロカメラマンに撮ってもらったことはある。1歳の記念に。

スタジオで子供はニコニコで撮ってもらった。

しかし出来上がった写真を見ると、どれも表情が微妙。というよりも、私が日常生活の中でiPhoneで撮る写真の方がイキイキしていたり娘の空気感が捉えられている。撮影技術は比べるまでもなくスタジオ写真の方が上なのだけれど、どうも子供の「かわいい」がいつもより少ない。

これは多分、私の思う「かわいい」と、プロカメラマンの思う「かわいい」の違いもあると思う。

スタジオで撮るとこういうポーズと表情だよね、という典型をかわいいと思わない私のひねくれた価値観の問題が大きく、スタジオやカメラマンのせいではない。

現に、私の父と私では「かわいい」の基準が全く違う。私はちょっとブサイクな表情がかわいいと思うが、父は少し大人びた表情がかわいいと思うらしい。

スタジオ写真の広告やサンプルを見て「かわいい!うちの子もこんな風に撮って欲しい!」と思う人はスタジオに今すぐ電話を!

私のようなひねくれ者さんは、スタジオの広告やサンプルをたくさん見て、感覚の合うところで撮った方が良いと思う。それか自分で撮る。


悩む理由2 フリフリドレスを日常で要求されたら困る

教えてないしあまり見せてもいないのに、すっかりフリフリドレスやスカート好きになった娘。女子のDNAってすごいのね。

私はそういう服を買わないけれど、もらいものでフリフリワンピースが1枚あり、それはもう嬉しそうに週末になると着ている。

「おひめさまみたーい♡」

とか言って、クルクル回っている。女子だ。

スタジオに行くと大抵フリフリドレスがある。1歳の時は興味のなかったフリフリだが、今行けばフリフリまっしぐら!!着ようものならクルクルクルクル回り、

「ねぇみて!モモおひめさまみたーい!かわい〜♡」

と言いながら鏡を見てうっとりするのが目に見えている。

一度そんな体験をしようものなら、家でもフリフリ要求がエスカレートすること間違いなし!!

出来れば避けて通りたい気持ち。

しかし娘が喜ぶなら着させてあげるのもアリなのだろうか…。


悩む理由3 お金をかけた割に写真の仕上がりに納得がいかない

結局これが全てであるが。

1歳の記念に撮ったスタジオ写真、3万円くらいでCDにデータを入れてもらうプランにした。

撮影自体はスタッフさんのキビキビした動きや小道具の使い方、子供のあやし方などが見ていてとても楽しくて良い時間を過ごせたと思う。

データが出来る間の待ち時間、ディスプレイで撮影した写真のスライドショーを見ることも出来た。

その時はそんなに感じなかったのだけど、帰宅してからデータを見たら、とにかく全部が白飛びしていてあれもこれも真っ白!!!

唯一、背景が茶色かった場所の写真は見られたけれど、他の白背景の写真は色白な娘が同化してしまって顔の輪郭も曖昧なほど。髪の毛と目と鼻と口が浮いている。

動き回る娘の一瞬を完璧に捉えている撮影技術はさすが!の一言だっただけに、出来上がりの真っ白さにかなりショックを受け、結局振り返ってそのデータを見ることはない。

両家の親にフォトブックを作って送った時も、あまりにも白いので少し加工してみたがどうにも白く、結局両家から

「写真見たけど随分白くてモモの顔や手足がわからない」

とか言われてしまう始末だった。

これはやっぱり、スタジオによって仕上げ方の特徴があると思うので、自分の好みに合うところを探すことが大事なんだと思う。

あと、写真の仕上げを一緒に確認できるところ。私達は撮影データそのものをスライドショーで見たが完成データではなかった。

その場でL版にプリントしたものを2枚プレゼントしていただけて、それは結構な白さだったが、

「そうですか?明るめにはしてありますよ!(にっこり)」

というスタッフさん言葉で、もう次のお客様の撮影が始まることを告げられて仕上げ方の話にはならなかった。その時点でデータが出来ていたから修正することは出来なかったのだと思う。


結局相性の良いスタジオを見つけられるかによる

ということだな。

私が利用したスタジオは評判が良いし、スタッフさんが元気で笑顔でプロって感じでステキで、スタジオもとっても素敵だったので、単純に写真の仕上げが私の好みじゃなかっただけだった。

3歳、結局どうしようか…。

七五三もどうするか……。

まだ悩みは続くのだった。

広告を非表示にする