読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

面白すぎる外ランチ

つらつらと書くもの

ちょっと考え事をしたくて外ランチに来た。
いつも空いているお店に来たが、今日は割とお客さんが多い。

座った席の目の前にいる女子2人組が話している内容が全部丸聞こえな上に、かなり面白過ぎてどうしたらいいのか。考えごとなんて出来そうにない。


その女子2人は、片方がたんぽぽの白鳥さん似の貫禄のある女子で、椅子に深々と座って話している。
もう1人はSuperflyの越智さんのような美人さん。


そしてこの2人の会話は先程から、Superflyちゃんがタンポポ白鳥ちゃんに美容相談をしているという内容だ。


お悩み1
Superflyちゃん
「美容室に行くと美容師さんに気を使ってしまったり、気取ってしまう」

白鳥ちゃん
「美容室っていうのはそういうところよ」


お悩み2
Superflyちゃん
「髪を茶色くしようか、黒っぽくしようか迷ってる」

白鳥ちゃん
「茶色は結構難しくて、バランスを見ないと頑張ってる感が出ちゃうから」

お悩み3
Superflyちゃん
「この間テレビで芸能人が海苔を食べてたんだけど、歯に海苔がついてないの!どうやって食べたらつかないんだろう?」

白鳥ちゃん
「そのシーンはカットされてるのかもね。デンタルフロスを指に巻いてササッとやれば取れるから、デンタルフロスは持ち歩きない」


お悩み4
Superflyちゃん
「朝、仕事に行かなくちゃと思うと焦ってしまう」

白鳥ちゃん
「それは仕事の時間に捉われてるのよ」



こんな会話が続いている。
Superflyちゃんが白鳥ちゃんをとても信用している様子で、どんな質問でも必ず答えを返す白鳥ちゃんが頼もしい。


白鳥ちゃんが
「だから、今年は大殺界だから我慢しなさいって言ってるでしょ」
と言い切った。

Superflyちゃんは美しい顔で、心底白鳥ちゃんを信頼しているという目をしている。

広告を非表示にする