読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

2歳半の娘 最近のお気に入り

2歳過ぎからお話が達者になって来た娘。
自己主張は1歳台から強かったけれど、更に拍車をかけている。
もう大人を叱りつけているし、ご意見を述べているし、2歳半でこんな状態ならこの先どうなっちゃうのか…と思いつつ、成長は嬉しくて寂しい。


そんな娘の最近のお気に入りを書いておく。

お気に入り①
「ぷにちゃん おおきくなったよ」

日に何度もこれを言われる。
確かに君は大きくなった。生まれた時の倍くらい身長があるし、体重だって4倍くらいになっている。こんなに早く大きくなるなんて脅威だ。
まだまだ成長曲線の下の方にいるけれど、確かに大きくなった。
しかし、だからと言って、

「ぷにちゃん おねえさんになったの」

と言うのはやめていただきたい。
たぶん保育園で自分より小さい子達を見て言ってるか、下の子がいる子が言ってるのをマネしてるかだと思うけれど。まるでぷにちゃんに弟か妹が出来たみたいじゃないか。
いません!!
そんな言葉を聞いたら、2人目を誰より心待ちにしている大家さんが喜んじゃうから!(そして期待には応えられそうにない)
ほんと、「おねえさんになった」は誤解を得るのでやめていただきたい。


お気に入り②
sekai no owariRPG

「ひとりじゃな〜い」
の部分だけ繰り返し歌っている。


お気に入り③
ディズニーオンアイス版のアナと雪の女王

元々大好きで、アナ雪のことは「ありの」と呼んでいる。
エルサみたいに三つ編みを片側に流す髪型にしてあげるといつも大喜びで、
「ありのみたい!ありのみたい!」
とはしゃぐ。

私がキッチンで作業している間に何か見ていてもらいたい…という時に見つけたYouTubeにアップされているディズニーオンアイスのアナ雪は、すっかり娘のお気に入りになってしまった。
クルクル回ってマネをしたり、ビールマンスピンのようなマネをしたり。
彼女の身体能力が鍛えられていると思う。
実際、マネをし始めて1週間ほどで片足で立てるようになって来た。
ちなみに毎回
「おかーしゃんも おかーしゃんもやって!」
と言われるので、私も鍛えられていると思う…。


お気に入り④


今娘は、なによりも石が好き。
とにかく石が好き。どんなおもちゃよりも石が好き。

きっかけは静岡の海。一面の砂利浜で、私が綺麗な石や貝殻・シーグラスを拾っていたのを見たから。娘も一緒に拾ってくれた。
それ以来、どこに行っても石を探す娘。
彼女にとっては幸いなことに、我が家の駐車場には砂利が敷かれている。3日に1回はそこに石探しに行き、
「おかーしゃん みて!みて!
かわいいのいし あった!」
と報告してくれる…。そして大事そうに握りしめて家に持ち込む……。

彼女の「かわいいのいし」は、白っぽくて、ゴツゴツしていて、こぶりなもの。
家のあちこちに散乱しており、踏んでしまったりお尻の下から発見されたりして痛い。
片付けても、外に出しても、また次の「かわいいのいし」がやってくる。
永遠に続くわけではないから…と思って見ているが、そんなに大事なら自分でちゃんと管理してほしい。
「ぷにちゃんの〜かわいいのいし ない〜」
と泣きながら言われ、探す方は大変である。
「あったよ!」
と、以前娘が拾って来た石を見せても
「ちなう〜それじゃない〜」
と言われ。
彼女の「かわいいのいし」は常に更新されているので、最新の「かわいいのいし」でないとダメなのだ。

この石ブーム、いつまで続くのだろうか。

広告を非表示にする