読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

日曜夜は"温泉でお風呂&ごはん"がいい!

娘の夏風邪ダウンから私もだるくて仕方のない日々が続き、ブログも書いてませんでした。とか思っていたら、え?なに?今日から8月なの?
時が過ぎるのは早すぎて、ぼーっとしているうちに死んでしまいそうです。やろうと思うことがあるならやらねばですね。

最近我が家の定番になりつつある週末の過ごし方について書きます。

これまでの我が家の日曜日の過ごし方は、どこかに出掛けて、夕食は外で食べ、20時半頃になると娘が車の中で寝てしまい、さあお風呂どうする?この寝た子を起こして入れるのか、寝た子は起こすなということで翌朝にするのか…。翌朝って月曜日なんですけど、週の始めの朝からお風呂でバタバタスタートするの?
という流れが一般的で、週末が終わるとなんだかぐったりしていた。
週末は自分でごはんを作る気がなくなるし、お出かけしたくて仕方ない人なので家でじっとしていられないし、子供を連れてお出かけするのは楽しいし…と思って毎週出掛けて、毎週ぐったりして帰宅というパターン。
週末にぐったりしてしまうと月曜日の疲労感が激しくてツライ。

この流れ、変えたいなぁとぼんやり思っていたある日。夫が泊まりで出かけていて娘と2人だったので、日帰り温泉でも行くかと思いついた。一人暮らしをしていた頃は、平日でも疲れた日は日帰り温泉に行って夜空を見上げながら露天風呂にポチャーンと入っていたことを思い出したからだ。
我が家の周りには、車で30分くらいの距離で5個以上日帰り温泉スーパー銭湯がある。恵まれた場所だ。これを活かさない手はない

娘と2人で日帰り温泉に行ってみたら、そこは温泉だけどスーパー銭湯のような作りで、内湯が3・4種類、外湯が4種類ほどあり、サウナもある。湯上りのジェラートは最高に美味しい。天国だ。
娘と2人で大きなお風呂に入るのは初めてで2人ともドキドキしていたが、娘は周りをキョロキョロ見回しながら楽しそうに入ってくれた。

それから、週末はほぼ毎回日帰り温泉に行くようになった。夫も一緒に行ってみて、この快適さにハマったらしい。
大きなお風呂に入ってのびのび出来て、娘もご機嫌で、ご飯も済ませてしまう。車に乗ったらあとは帰って寝るだけ!寝るだけ!
幸せである。

何カ所か行ってみてわかったのは、食事処が夕方で閉まってしまったり、夜でも20時には閉まっていたり、早めに仕舞うところが結構あること。食事まで終わらせたい我が家としては、その場で食べられるか、近辺で済ませられることが重要。出来ればその場で食べたい。私の眉毛がないし。

あと、お湯の温度やお風呂の種類も様々ということ。温泉であることを大事にしているところは内湯と外湯がそれぞれ1つずつで少なく、温度が高い。娘が入れないことはもちろん、私も入れない。私はすぐに上せるから。
お風呂の種類が多いところは、ぬるめのお湯になっている浴槽が1つ必ずある。これはとても重要だ。

お湯の種類も重要。一番近い温泉は湯質がキツめと聞いているのでまだ行ったことがない。キツめの意味がわからないが、そう言われるところのお湯は自分に合わないことが多い。草津の湯は肌が痛くて泣いたし。

幸いそう遠くないところに、お風呂の種類が多くて、お湯がキツくなく、ぬる湯もあって、ご飯どころが遅くまでやっていて、ジェラートまでつい食べてしまって美味しい温泉がある。最高。回数券を買いました。

娘のことは夫が入れてくれることが多いので、私は1人のびのびとお風呂に入れる。ジェットバスを怖がる娘が一緒じゃないから激しく噴出するジェットバスだって入れちゃう!

…調子に乗って入って、立ち上がったら目の前が真っ白になりました。
スーパー銭湯の浴室で気を失い、素っ裸のまま大の字にひっくり返ったことがある私みたいな人は調子に乗らない方がいい。

それでもやっぱり、日曜夜は温泉&ごはんが最高だ。

広告を非表示にする