読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

手形アート初体験

子供を育てること あんなものこんなもの

娘が2歳になったので、記念に以前から気になっていた手形アートつくりに参加してきた。
母子手帳に手形や足型をとるところがあるけど、あれ押してる人どれくらいいるのだろうか。私はやってません。
手形足型は家でも出来ることだけれど、私は今まで1回もやったことがない。子供の肌にインクつけていいの?という気持ちがあって出来ずにいたし、べったりインクをつけたらお風呂で洗わないといけないのかな?とか、服についたら落ちないのかな?とか、あれこれ考えたら面倒でやらなかった。

それが、保育園に行ったらすぐにやっているのだ。あ、なんだ、インクつけても大丈夫だったのか…と思ったけれど、もう保育園でやってくれるんだしいいかーと思ってやっぱり家ではやらなかった。

今回申し込んだのは、手形を取った紙に親が色を塗ったり絵を描いたりするもの。先生が名前とイラストを描いたものを作ってくれて見開きの枠に入れてくれる。
この先生が知り合いだということもあって参加してみたかったし、娘の2歳の大きさを自分の手で記録したいという気持ちもあって参加した。
保育園でもやってくれるのだけど、私は自分でやったこと以外への関心が薄いので保育園作品集はチラッと見ただけになってしまい、やっぱり自分でやらないとダメだなぁと思った。

会場はハウスメーカーの展示場。家1軒丸ごと借りていて、ハウスメーカーの人もいないので気楽に過ごせる。子供が遊びまわれる広さ、秘密基地みたいなキッズスペースがあって、水周りが使えるからお茶もできる最高の場所。

大体1時間くらいで手形とりから色付けまで終了し、お茶とお菓子をいただいて、先生が作ってくれた名前アートと一緒に額に収まった手形をもらう。更に子供と記念写真をとってくれ、その場でプリントして渡してくれるというサービスつき!
先生、すごいなぁと思った。

親達がお絵かきしている間の子供も見ていてくれるし、先生自身も1歳の子供を連れてきている。うちの娘は先生の子と仲良く遊んでいて微笑ましかった。

親達がお茶しながら話したり、先生とあれこれ話し込んだりしている間、子供達は勝手に友達になって遊んでくれている。こういうのを見るたびに、子供を始めての場所でも連れて行ってあげようと思う。いつもと違う場所だから見られる子供の姿があって新鮮だし、子供も楽しそう。
最初は親にべったりな子も、だんだん慣れて遊び始めるから、子供の世界ってすごいなぁと思う。

そんな中で出来上がったアートがこちら。名前はモザイク入れてます。

先生のように子供らしいポップなイラストを…と思ったけど私には無理で、自分の感性で作ったらこうなった。満足してます。
自立する枠に入っているから飾りやすくて嬉しい。

手形アートは自宅でも簡単に出来るものだけど、こうしてフレームに収めたり、様々な画材を使ったり出来るのは教室ならでは。それに、そこで一緒に体験している親御さんとの交流や、先生と話すこと、なにより子供達が楽しそうに遊びまくってる時間を過ごせることが、ワークショップや教室に行く最大の意義だなぁと思ってる。
オススメです、よかったらぜひ。

広告を非表示にする