読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

毎日かあさん 泣けるけど笑おう

毎日かあさんの今週分が泣けるという話題が流れてきた。

これが泣ける。 もうまさに今の自分すぎて泣ける。

我が家は夫と私と娘の3人暮らし。
夫は早く帰ってくる日もあるが、平日週末問わず泊まりの仕事があったり夜遅いこともあって気がつくと週の半分くらいしか娘と夜は会えない状態。となると当然夜は娘と2人で過ごすことになる。

もうすぐ2歳になる娘はここにきて甘えモードが加速。
保育園に迎えに行くと、そこからもうべったりくっついてきて離れない。家に帰ってきてもずっと抱っこを求めてきて離れない。抱っこされているとものすごく幸せそうに笑う。

しかし私はご飯の用意しないといけないし、お風呂の用意も、ご飯の片付けもある。
朝は7時前に娘が起きて保育園に連れて行くのが8時頃。朝一緒にいられるのは1時間。
夕方は17時半すぎに保育園に行き、帰ってきてご飯を食べてお風呂に入り寝る。寝るのが21時だから、3時間半くらい一緒にいる。しかしご飯を作ったり片付けたりしていると1時間半くらいは娘から離れているので、実質一緒にいるのは2時間程度。
1日で3時間しか娘と過ごしていないのか…。
実際は寝ている間もずっとくっついているのでくっついている時間は長いのだけれど、寝ているしなぁ。

断乳してからもう半年以上経ったけれど娘はおっぱいが大好きで、毎日触っているし、毎日私の胸元にチューってキスしてほおずりしてくる。とにかくぺったりと耳とほおを胸元にくっつけたがる。そうして嬉しそうに笑うのだった。

昨日、毎日かあさんを読んで激しく反省し、夜はできるだけ娘と一緒に過ごした。ご飯の用意をしている間、おんぶしてみようかと思ったけれど娘は私の足にしがみついたり、ご飯のつまみ食いをしたりしてニコニコしながら側にいてくれた。
そういえば私も小さい頃、母親がご飯を作る間はそばをうろちょろしながらつまみ食いばかりしていた。
危なくない限りはこれでもいいなぁと思いながら、出来立て熱々のご飯をキッチンでつまみ食いする私たち。
おいしいねーって笑いあった。

広告を非表示にする