みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

仕事で着る服とモチベーション

10月に仕事復帰してから、平日は毎日スーツを着ている。会社では制服かスーツ着用ということになっていて、主に社内の仕事がメインの人は制服を、打ち合わせや営業など社外の人と接する人はスーツを着ている。ちなみに社内の規定では「制服もしくは私服着用」とだけ書かれており、私服とはスーツのことなのだそうだ。

産休育休中にずっと好きな格好をしていたからスーツ生活になって困ったのが、とても寒いということ。とにかく冷える。すっかり冷え症になってしまった。 制服が好きじゃないので制服を着ずにスーツでいるがスーツも制服みたいなものだ。 今回復帰前にセットアップを新しく買おうと思い、とても気に入った明るい紺のノーカラージャケットのセットアップがあったのだけれど、もうお金を払うところ…までいってやっぱり買うのをやめた。そして復帰してみて自分のその判断が正しかったことを知る。明るい紺のスーツなんて誰も着ないし、ノーカラージャケットなんて言語道断だっただろう。職場には黒とグレーと濃い紺とベージュのスーツしか存在しないのだから。 アクセサリーは結婚指輪以外禁止で、柄物のシャツなどもダメらしい。ストライプはいいみたい。アクセサリーがダメなのに最近の服はブラウスもニットも首元にビジューやパールがついたものが多くて買えず、会社で着られる服を探すのも一苦労だ。

仕事で着る服でモチベーションを高めていた時期があった。今日はあれを着よう。アレとコレを合わせて行こう。 好きな服を着ている日は仕事もはかどるし、自分らしくいられるので今よりずっと忙しい仕事だったが楽しかった。

制服のようなスーツを着て、華美な服は禁止なのでインナーも出来るだけ地味なものにして、まるで目立たないように人混みの中にカモフラージュしているような服装で毎日通勤している。この格好をしていれば社会人だと言わんばかりの社会に埋もれていく気分。

仕事で着る服とモチベーションには関連があると思う。スーツでも自分を表現出来る着方があるはずなのにね。 友達でいつもスーツをすごくカッコよく着こなしている子がいて、見るたびに惚れ惚れしてしまう。 私はそもそもスーツに愛着がなくて、着たいインナーは会社の規定上着られず、ただ無難に無難に着ているだけだ。そんな人間でいたくない。

広告を非表示にする