読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

女性の集団が苦手

社会人になってはっきりわかったことの1つが、自分は女性の集団が苦手だということだった。私も女だが、女性が集まった時にできるグループ化やリーダー的存在の誰かに従わないとその場にいられない状態が苦手というより嫌いで、自分は馴染めないなと思う。

新卒で入社した会社で、私は入社すぐからいじめらしきことを受けていたらしい。まだ先輩方の顔と名前も一致しない頃からで、幸い同じ部署の先輩達はみんなとても優しくて助かった。つまり私のことが気に入らなかったのは他部署の人達で、全員女性で、ろくに話したこともないのに嫌われたのだった。 同じ部署の先輩曰く、 「久しぶりの女性新入社員で、期待されてるから気に入らないのかもね」 とのことだった。 私自身はあまり気にしていなかったけれど周りの先輩が気にしてくれていて、私が知らないところで行われているアレコレを教えてくれたり、対処法をアドバイスしてくれたりした。一番直接的に助けてくれたのは隣の席の男の先輩だったから、もしかしてそれもまたかの女性達のご機嫌を損ねた原因だったのかもしれない。 お昼休みに食堂へご飯を食べに行き席に戻ると、隣の先輩から 「おい、また今日もお前がいないときにパソコンチェックしに来てたぞ」 と教えられた。彼女達は週に何度もお昼休みに私のパソコンを見に来ては、ネットの履歴をチェックしたりするのだそうだ。何を知りたくて、何を突きたいのか全く不明だった。幸い隣の先輩はパソコンに詳しくて色々と対策を教えてもらえたので、私もパソコンに詳しくなれたからとてもラッキーだったと思っている。

これが社会人になって自分が女性の集団を苦手だとハッキリ認識したきっかけだった。 彼女達はいつも群れていて、明らかに私に怪訝な顔をして何かコソコソ言うのだった。 同じ部署の先輩の1人は彼女達の同期だったが決してその群れには混じらず、お昼などは一緒に食べていたが悪口を言う流れには染まらず、むしろたしなめたりしていたようだ。いつもにこやかで優しい人だった。

昨日SNSに女性の集団が苦手と書いたら友達から「私も!」という反響があって、類は友を呼ぶなぁと笑ってしまった。 そういう私達だってまとまってみれば集団なのだから、女性の集団が苦手というのは語弊があるのだな。 これも集団だし、あちらも集団。 まとまらない話だけど。

広告を非表示にする