読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずたま色の空

こどもやごはんや日々のこと。

【キッチン用品】マルチクーラーバスケット

 子供が産まれてから買って良かったもののひとつが、マルチクーラーバスケットだ。

保冷効果があって持ち手がしっかりしており、使わない時はくしゃっとつぶしてコンパクトに出来る。

近所のスーパーでカゴ型もしくはカゴに設置する形のマイバッグなら荷詰めをしてくれるところがあり、そのお店はこのマルチクーラーバスケットでも詰めてくれる。マルチクーラーバスケットのLサイズはスーパーのカゴとほぼ同じ大きさなので、カゴ1個に収まる量ならマルチクーラーバスケットにも収まるのだ。荷物が多くて蓋が閉まらなくなることもあるけれど、よほどきっちり保冷しなくてはいけない場合を除き蓋は開きっぱなしにしていることが多い。


スーパーで買い物をするとき以外でも、週末1日出かける時などはこのバスケットを車に積んで行く。中に大き目の保冷剤を入れてペットボトルの飲み物を冷やしたり、夏場なら子供のチャイルドシートを冷やすための柔らかい保冷剤を入れておいたりする。どこかに出かけると行った先で食べ物を買うことも少なくないので、保冷バッグが1つあると持ち歩きの暑さに気を配らずに済んで助かるのだ。


もう1つ役立っているのが、生活クラブの商品を入れる場面。子供が1歳になってから加入した生活クラブという生協は、私の地域では自宅配送がなく班ごと決まっている場所に購入品を取りに行かなくてはならない。荷受場所は大抵誰か個人の家の軒先だったりするようで、私が取りに行くのも自宅から車で数分のところにある個人宅の玄関脇だ。

車に娘を乗せたまま、出来るだけ早く荷物を持ち帰りたい状況ではマルチクーラーバスケットがとても役立つ。生活クラブの商品は班全員分が雑多に箱の中に入れられていて自分の分を探すのは手間がかかる。探すだけで時間がかかるので、見つけた商品をバスケットに次々と放り込んでまとめて持ち帰られるのは大事なポイントだ。底がしっかりしているから卵も牛乳ビンも安心して入れられるし、次々に商品を放り込んでもエコバッグのようにごちゃごちゃせず、後からも取り出しやすい。

色柄が豊富なのも嬉しい。

私はいつもキッチンの冷蔵庫脇にポンっと潰して置いておいて、出かける時に保冷剤を入れて車に積んでいる。


広告を非表示にする